スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【作文】自動的に感動の恋愛物語を作成してくれる、「大人のための愛の物語」ジェネレーター 

愛の呪文
お名前を入力するだけで、簡単にキミだけのオリジナルラブストーリーが作れるというんだから、ちょっと一回ぐらいは作らないわけにはいかないかもしれないんだこりゃもう。脇役も指定しなきゃならないところがちょっと難しいんだけど、夏休みの宿題で作文を提出するのを忘れていたおともだちにはもってこいかもなんだ。



【大人のための愛の物語】
ニュー得ブログさんより)


ちなみにパルモ先生ったら
こんなのができあがってみたんだ。

どこから話そうか…
そう、あれはのび太が笑い転げていた砂場でのことだった。
のび太はチェリー男にとって無二の親友だった…おそらく。
 破局の予感が感じられた…
その時のび太もまたパルモを愛していたことを二人は知らなかった。
この頃からチェリー男とのび太との関係に微妙な変化が生じた。
チェリー男が10歳の時、パルモはお寺で鐘を突いていた。
 真実の愛を求めパルモとチェリー男の旅が今始まろうとしていた。


おっとそうそう、タイトルがつけたい場合には、前に旧コロコロザイーガで紹介した、勝手にサブタイトルのジェネレーターを使うといいと思うんだ。

【勝手にサブタイトル!! for Girls】
【勝手にサブタイトル!! for BOYS】

その他面白ジェネレーターいろいろはこの記事を参考にしてみてね。

【おもしろ画像ジェネレーターまとめ 】



スポンサーサイト


 パルモは焼きオニギリのことをなんとも思っていなかった。それはあたかも滝に打たれていた電気ストーブの如くだった…
 直江津駅前通りの酒場、それはパルモと焼きオニギリにとって忘れられない場所であった。やがて秋になった。そして二人はスペシウム光線になった。焼きオニギリとパルモにとっての新たなる旅立ちだった。
 これもまた愛なのだと、今では思えるようになった。

なんなんだ、これは。悲しすぎる。
でも、具体的な地名が入るのが面白いな。
[2006/09/02 21:24] 焼きオニギリ [ 編集 ]

どこから話そうか…そう、あれは脇役Aがメキシコシティーで掃除機をかけていた砂場でのことだった。アンダーソン君は7歳、マリアは18歳。
 振り向きざまにアンダーソン君は言う、「リンゴの皮をむいたんだね?」。マリアはアンダーソン君に言って聞かせた「さすらいの吟遊詩人は所詮野に咲く一輪の花なのね」。マリアが7歳の時、アンダーソン君は赤茶けたレンガの壁をたたき壊していた。しかし脇役Aが全てを承知の上で「こびとさんが呼んでいる…」と言ったのだということは、それから数年後に初めて明らかになった事実である。
 やはり二人の愛は永遠だった。

もうツッコミ所が多すぎて何がなんだかww
[2006/09/03 12:47] 他校生 [ 編集 ]

愛の物語 鏡の中のパルモとパルモの場合

初めて出会ったときから鏡の中のパルモはらっきょうをこよなく愛する舞踏家だった。春が来た。
 夏は過ぎた。パルモは18歳、鏡の中のパルモは32歳。そして二人は冷めたハンバーガーになった。ふとした弾みで何かが音を立てて崩れた。破局の予感が感じられた…二人の愛のために偽パルモは大いなる電波のお導きに従ったのであった。
 だが真実の愛を知っていたのは他ならぬ偽パルモであった…
[2006/09/05 05:58] 生徒 [ 編集 ]

愛のためならなんのその、ゲンドウとレイのど根性人生

 レイが現れたとき、ゲンドウは蝶々を追いかけていたところだった。はにかみながらレイは言った、「お茶漬け食べたい…」。
 冬は過ぎた。ゲンドウが17歳の時、レイは蝶々を追いかけていた。二人の愛のためにユイは笑い転げていたのであった。春が来た。
 これもまた愛なのだと、今では思えるようになった。
[2006/09/05 22:50] 先生 [ 編集 ]

茨姫と辻斬の真実 ~袈裟の日記より構成~

人生には悲しいことも楽しいこともある。そう、辻斬と茨姫の物語がそうであるように。辻斬が10歳の時、茨姫は同じらっきょうを見ていた。
 ふとした弾みで何かが音を立てて崩れた。辻斬が17歳の時、茨姫は刀を振りかざしていた。寺町の鐘突き堂、それは茨姫と辻斬にとって忘れられない場所であった。袈裟が滝に打たれていた砂場、それは茨姫と辻斬にとって忘れられない場所であった。
 あるいは愛とは、北の宿で掃除機をかけていた時にのみえられる逆立ちしたカバなのだろうか?
[2006/11/02 23:56] 他校生 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://korokorozaeega.blog54.fc2.com/tb.php/106-d9bf4953








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。