スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハッピーエンドで終わらない、おとぎばなしは危険な香り 

kiken

一寸法師に親指姫、みんなの知っているおとぎばなしは、とりあえずハッピーエンドになるわけだけど、このおとぎばなしの場合にはそんなにううまい話はめったにないという現代社会の縮図を如実に反映したりなんかしちゃってる、やることなすことバッドエンドなそんなおとぎばなしの新解釈なんだ。【お伽噺(おとぎばなし)は危険な香り その1】
【お伽噺(おとぎばなし)は危険な香り その2】
おもトピさんより)

「幸せに暮らしましたとさ」の後のストーリーは語られないのがおとぎばなしだけれど、大体幸せと不幸せは交互にやってくるので、バッドエンディングで終わった場合の方が結果オーライだったりするかもなんだ。


スポンサーサイト


浦島太郎のカメ、キモイよ。
[2007/07/07 17:25] アール・アール [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://korokorozaeega.blog54.fc2.com/tb.php/1488-3dcda124








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。