スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【歴史】江戸時代の人が見た「UFO」の見取り図 

江戸っ子
UFO(未確認飛行物体)は、なにも昨日今日に発見されたものではなく、古くは江戸時代からその目撃証言は後をたたなかったらしいんだ。江戸っ子の目撃情報を集めて作られた「漂流記集」という本の中には、江戸っ子が見たというUFOの見取り図と宇宙人らしき人の絵が載っていたので、それじゃあちょっと、昔のUFOとやらを見てみることにしようそうしよう。


【江戸時代のUFO:漂流記集】

なんでもこのUFOが流れ着いたのは常陸国(ひたちのくに)(現茨城県)の原舎ヶ浜(はらしゃがはま)だそうで、若くて身なりのよい美女が乗っていたが、言葉は通じず、どこの国の人かは不明。白木(しらき)の箱を大切そうに抱え、人を寄せ付けようとしない。船の中には謎の文字があったとのこと。宇宙人が若くてきれいっていうところが、最近とはちょっと違うみたいけど、UFOの形状的には、昔も今も変わらないみたいだね。しかもこの時代は鎖国中だから、外国のUFO情報は入ってきていないはずなので、そんな共通点にちょっと驚いてみたりしたいんだ。UFOにつぎはぎっぽいのがくっついてるのが気になるけどね。
スポンサーサイト


こんなネタ好き♪ オーパーツなんかも良いね。
UFOはエジプト文明の頃から目撃談はある。
以前は金星人の美人説なんてのもあった。

 
[2006/09/11 21:34] 焼きオニギリ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://korokorozaeega.blog54.fc2.com/tb.php/165-8eb467d3


江戸時代の宇宙人の姿は・・・・

【歴史】江戸時代の人が見た「UFO」の見取り図UFO(未確認飛行物体)は、なにも昨日今日に発見されたものではなく、古くは江戸時代からその目撃証言は後をたたなかったらしいんだ。江戸っ子の目撃情報を集めて作られた「漂流記集」という本の中には、江戸っ子が見たという..
[2006/09/12 12:36] URL ちょっと楽しむレシピ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。